英語ビジネスメールの書き方 <署名>

f:id:pioneer-star:20190826164603j:plain

英語のビジネスメールの署名は、メールの最下部にメールを書いた人の「差出人情報」と「連絡先情報」を記載します。日本語のメールと同じですが、情報を書く順番が日本語とは異なります。ここではよく使われる署名の書き方についてご紹介します。

署名の役割について

署名の役割は「誰からのメールか」を知らせることです。日本語のメールと同じく、名刺と同じ程度の情報をメール相手に提供する役割をします。

署名の記載順序

英語のビジネスメールでは、署名欄は日本語に比べ記載順序が反対になります。具体的には、下記の記載順番が一般的です。

  1. 名前
  2. 部署名
  3. 会社名
  4. 会社所在地
  5. 電話番号
  6. FAX番号
  7. メールアドレス
  8. ウェブサイトURL

署名の具体例

署名の具体例と、各項目の書き方をご紹介していきます。

Taro Yamada
Manager, Sales Department
ABC Corporation Inc.
3F Chiyoda Bldg. 1-1-1 Chiyoda Ward, Tokyo, 100-0001, Japan
Tel: +81-3-3333-5577
Fax: +81-3-3333-4466
Mobile: +81-90-8888-5588
E-mail: t.yamada@pioneer-star.net
URL: https://www.pioneer-star.net/

名前

一般的には、名前 + 姓 で記述します。どちかが姓かを明確にしたい場合は下記の書き方があります。

  • Taro YAMADA  ・・・姓をすべて大文字で書く
  • Yamada, Taro ・・・姓を先に書いて姓の後にカンマ(,)をつける

部署名

役職 + 部署名 と順に記述します。役職と部署の英語表記の例をいくつかご紹介します。

役職
  • 社長: President
  • 取締役: Director
  • 部長: General Manager
  • 課長: Manager
部署
  • 営業部: Sales Department
  • 総務部: General Affairs Department
  • 企画部: Planning Department
  • 宣伝部: Advertising Department
  • 経理部: General Accounting Department
  • 人事部: Human Resources Department

部署と役職の詳細はこちらにあります → 英語ビジネスメールの書き方 <部署と役職>

会社名

会社の名前の後に、団体の種類ごとの株式会社や有限会社などの記述は下記になります。

  • 株式会社
  1. INC. ・・・Incorporated(法人組織化されたの意味)の略で、上場企業に使われる
  2. Corp. ・・・Corporation(法人格がある意味)の略で、非上場企業に使われる
  • 有限会社・・・Ltd.(有限責任という意味)の略

会社所在地

英語での住所表記は、日本語表記と比べ真逆になります。具体的には下記の順番になります。各表記の間にはカンマ(,)をつけます

  • 建物 ・・・階数 F + 建物名 + Bldg.
  • 区画 ・・・丁目 - 番地 - 号 + 街区名
  • 市区町村 ・・・区(Ward)/ 市(City)/ 町(Town)/ 村(Village)
  • 都道府県 ・・・東京都 → Tokyo
  • 郵便番号 ・・・101-0001(〒マークは付けない)
  • 国名 ・・・Japan もしくは JP(国名コード ISO 3166-1 alpha-2を使う)

※日本の住所は街区方式(街区名+番地)ですが、海外では道路方式で住所をつけられている場合があります。

道路方式: 番地 + 道路名
例: ホワイトハウスの住所:  1600 Pennsylvania Avenue, NW, Washington, D.C. 20500, U.S

  • Avenue (Ave.) ・・・主に南北に走る道路
  • Street (St.) ・・・主に東西に走る道路
  • Boulevard (Blvd.) ・・・中央分離帯があるような大通り(高速道路除く) 

住所表記の詳細はこちらにあります → 英語ビジネスメールの書き方 <住所>

電話番号とFAX番号

 +国番号表記の後に、最初の0を除いた番号を書きます

+81-3-3333-5577

メールアドレスとウェブサイトURL

英語圏で「mail」は郵便物を意味するので、電子メールであることを明確にするために、E-mailの「E(Electronicを意味する)」表記は省略しない方が良いでしょう。

 

英語のビジネスメール上達の近道は上手い人の表現をまねすることです(英借文といいます)

明確で、正確な、簡潔な英語のビジネスメールのフレーズは、ネットで検索したり、書籍を購入するとたくさん出てきます。その中で使えそうな言いまわしがあれば、自分のフレーズ集に保存し、どんどん使っていって「英語のビジネスメール名人」を目指しましょう。

使えそうなフレーズの保存に特化したWebアプリとして「Pioneer of the Star」があります。デモ版もあるので、自分専用の「使える表現集」を保存するツールとして使ってみてください。「使える表現集」をうまく使い回すと、あなたのメール作成の時間を大幅に減らせます。

「Pioneer of the Star」について詳しく見てみる