英語ビジネスメールの書き方 <結語>

f:id:pioneer-star:20190805105731j:plain

一般的に、手紙は頭語で始まり結語で終わります。英語のビジネスメールではその習慣を引き継がれています。日本語の手紙の「敬具」に当たる部分を、英語圏で「結語」としてどのように書いていくかをご紹介します。

英語のビジネスメールにおける「結語」の書き方

英語のビジネスメールでは、相手と自分のポジション関係等をみて、フォーマル・セミフォーマル・カジュアルの表現を使い分けて、定番フレーズを使うのが一般的です。

フォーマルな「結語」の書き方

  • Sincerely, ・・・社会的地位の高い人・官公庁・はじめての人にメールする相手の時

セミフォーマルな「結語」の書き方

  • Best regards, ・・・取引先や上司にメールする時

カジュアルなな「結語」の書き方

  • Thank you,・・・同僚・部下・親しい人にメールする時

上手に「結語」を書くコツ(まとめ)

コツ1: 相手と自分のポジション関係等をみて定番フレーズを使い分ける
コツ2: たくさん言いまわしがあるが、それぞれの表現で一番定番のフレーズだけを使う

 

英語のビジネスメール上達の近道は上手い人の表現をまねすることです(英借文といいます)

明確で、正確な、簡潔な英語のビジネスメールのフレーズは、ネットで検索したり、書籍を購入するとたくさん出てきます。その中で使えそうな言いまわしがあれば、自分のフレーズ集に保存し、どんどん使っていって「英語のビジネスメール名人」を目指しましょう。

使えそうなフレーズの保存に特化したWebアプリとして「Pioneer of the Star」があります。デモ版もあるので、自分専用の「使える表現集」を保存するツールとして使ってみてください。「使える表現集」をうまく使い回すと、あなたのメール作成の時間を大幅に減らせます。

「Pioneer of the Star」について詳しく見てみる