英語メールのフレーズ

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <主張>

ビジネスシーンにおいて「主張する」ことは重要な要素です。どんなニュアンスで主張するかによって、使う単語が変わってきます。誤解を招かないように、文脈に即した主張を表現する単語の使い分けと、主張の意図を表すいくつかのフレーズをご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <提案>

ビジネスシーンにおいて「提案する」ことは重要な要素です。誰に提案するか、どのようなニュアンスで提案するかによって、使う単語やフレーズも変わってきます。相手に失礼にならないように提案するときのフレーズをご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <略語>

一般的には英語のビジネスメールで省略・短縮表現を使うのは避けたほうが良いと言われています。例えば、I am → I'm などです。しかしながら、ビジネスシーンで伝統的に使われる略語もいくつか存在します。ここではそのような略語をご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <アポイントを変更する時の表現>

ビジネスシーンではアポイントを取った後、何らかの事情でそのアポイントメントの時間や場所を変更しなければならない場合があります。ここでは、アポイントメントの変更を相手にお願いすることの英語の表現についてご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <前置き>

英語のビジネスメールを書く際「難しい依頼」「相手への反論」「悪い知らせ」「突然の変更」「断り」「反論」など相手に言いづらいことも書く場合もあります。そんな時、言いたいことを和らげるクッション言葉がとても便利なのでご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <期限を伝える表現>

英語のビジネスメールでは期限を明確にして何をしてほしいかを伝えることが重要です。失礼にならないようにかつ期限を明確に提示する、そんな英文をビジネスメールでは書きたいですよね。ここではビジネスメールでの期限設定の上手な書き方をご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <感謝>

ビジネスシーンでは感謝を表すメールを出すことが少なくありません。お礼や感謝をちゃんと伝えることでビジネスもスムーズに行われるでしょう。ここでは様々なシーンごと (上司・部下・取引先など) に、お礼や感謝の表現する時によく使われるフレーズをご紹介…

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <依頼>

ビジネスメールの1/3ほどが、相手に何かを依頼する内容のメールになると思います。ここでは、英語のビジネスメールで何かを依頼する時、失礼に当たらないようなよく使われる英文フレーズをご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <挨拶>

シンプルが良いと言われる英語のビジネスメールでも、最初に一言「挨拶」があった方がビジネスもスムーズになる場合が多いです。ここでは相手に好印象を与えられかつよく使われる「挨拶」のフレーズをご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <自己紹介>

はじめての相手にメールを書く時、簡単な自己紹介文を書くことが多いと思います。英語のビジネスメールで自己紹介 (会社の紹介を含む) をする際に使える英語表現をそのポイントと一緒に例文を交えてご紹介します。