英語ビジネスメールの書き方 <基本のまとめ>

英語ビジネスメールの書き方には決まった型があります。その基本的な型を使うことにより、相手にわかりやすく失礼にあたらないメールを書くことができます。ビジネスをスムーズにするための英語のビジネスメールの書き方の基本の記事をまとめたものをご紹介…

英借文から始めて自力で英作文ができるようになる方法

「英語のビジネスメールをすらすら書きたい」と思っている方に、ひとつの方法として『英借文』とその使い方をご紹介します。『英借文』とは、他から英文表現を借りて自分なりの英文を書く手法のことです。そこから始めて最後には自力で英作文ができるように…

英語ビジネスメールの書き方 <記号>

英語のビジネスメールでは英語圏特有の記号をよく使います。記号を適切に使うことで読みやすくわかりやすいメールを書くことができます。日本語の文化とは少し異なった使い方をする英語の記号の上手な書き方をご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <文をつなぐ - ディスコースマーカー>

英語のビジネスメールでは、シンプルで論理的な文章が好まれます。論理的な文章を書くために論理展開はとても重要です。ここでは論理展開に欠かせない文と文をつなぐ役割を持つ「ディスコースマーカー」の説明と、その上手な使い方についてご紹介していきま…

英語ビジネスメールの書き方 <シンプルな文章>

英語のビジネスメールでは、シンプルで論理的な文章が好まれます。ビジネスがスムーズになるようなメールを書くことを目指しましょう。ここではそのためにまず必要なシンプルな読みやすい英語の文(センテンス)を書くポイントについてご紹介したいと思いま…

英語ビジネスメールの書き方 <論理的な文章>

英語のビジネスメールでは、シンプルで論理的な文章が好まれます。ビジネスがスムーズになるようなメールを書くことを目指しましょう。ここではそのための論理的な英語の文章を書くポイントについてご紹介したいと思います。

英語ビジネスメールの書き方 <数字>

数字は、ビジネスシーンにおいて事柄を明確にするために重要なツールです。英語のビジネスメールでよく使われる数字の書き方についてご紹介します。大きい数字の書き方、◯番目、切り上げ・切り捨て・四捨五入、ローマ数字の書き方など。

英語ビジネスメールの書き方 <箇条書き>

英語のビジネスメールで、商品名・個数・価格・日時・場所・条件などを伝えるときなど、項目・要素が多くなる場合、文章よりも箇条書き (Bullet Point)にする方が好まれます。ここでは、よく使われる箇条書きの書き方をご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <日付と時間>

英語のビジネスメールでは、締切日や予定日などの日付と時間を明確にしなければならないことが少なくありません。ここでは英語のビジネスメールでよく使われるアメリカ式の日付と時間の書き方についてご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <部署と役職>

ビジネスメールでは、自分の署名や宛先など部署・役職を書かなければならないことが少なくありません。英語のビジネスメールでよく使われるアメリカ式の部署名と役職名 (肩書き) の表記方法について紹介してます。

英語ビジネスメールの書き方 <署名>

英語のビジネスメールの署名は、メールの最下部にメールを書いた人の「差出人情報」と「連絡先情報」を記載します。日本語のメールと同じですが、情報を書く順番が日本語とは異なります。ここではよく使われる署名の書き方についてご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <結語>

一般的に、手紙は頭語で始まり結語で終わります。英語のビジネスメールではその習慣を引き継がれています。日本語の手紙の「敬具」に当たる部分を、英語圏で「結語」としてどのように書いていくかをご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <結び>

メールの最後を良い言葉で締めくくれば、受け取った相手も良い気持になり、あなたへの印象も各段に良いものになるでしょう。ビジネスをスムーズにするための良い結びの文を書くためのポイントをご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <主文>

「書き出し」「主文」「結び」の3部構成になっていることが多いビジネスメールでは、主文はその中核部分にあたります。相手が読みやすい論理的な主文を書くためのポイントをご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <書き出し>

英語のビジネスメールを書くのに「書き出し」はとても大事な部分です。相手にメールを最後まで読んでもらえるような、ビジネスメールでよく使われる「書き出し」のポイントをご紹介します。