英語を書くスピードを上げる入力支援ツールの紹介

「英語をスラスラ書けるようになりたい」と思っている方に、すぐに英語のライティングスピードを少し早くなる良い方法を提案します。それは「英語の入力支援ツール」を使うことです。ここでは役に立つ「英語の入力支援ツール」をご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <主張>

ビジネスシーンにおいて「主張する」ことは重要な要素です。どんなニュアンスで主張するかによって、使う単語が変わってきます。誤解を招かないように、文脈に即した主張を表現する単語の使い分けと、主張の意図を表すいくつかのフレーズをご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <提案>

ビジネスシーンにおいて「提案する」ことは重要な要素です。誰に提案するか、どのようなニュアンスで提案するかによって、使う単語やフレーズも変わってきます。相手に失礼にならないように提案するときのフレーズをご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <略語>

一般的には英語のビジネスメールで省略・短縮表現を使うのは避けたほうが良いと言われています。例えば、I am → I'm などです。しかしながら、ビジネスシーンで伝統的に使われる略語もいくつか存在します。ここではそのような略語をご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <アポイントを変更する時の表現>

ビジネスシーンではアポイントを取った後、何らかの事情でそのアポイントメントの時間や場所を変更しなければならない場合があります。ここでは、アポイントメントの変更を相手にお願いすることの英語の表現についてご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <前置き>

英語のビジネスメールを書く際「難しい依頼」「相手への反論」「悪い知らせ」「突然の変更」「断り」「反論」など相手に言いづらいことも書く場合もあります。そんな時、言いたいことを和らげるクッション言葉がとても便利なのでご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <アポイントを取る時の表現>

ビジネスシーンではアポイントを取って面談することが多々あります。すべてのビジネスはそこから始めると言っても過言ではありません。ここでは、スムーズにアポイントを取るのに必要な英語の表現についてご紹介します。

英語多読を始める時の最初の1冊の候補リスト

多読法という英語学習法に興味を持って始めようと思っても、どの本を読めばよいかわからないという方も少なくありません。ここでは、多読を始めようとしている方向けに、最初の1冊の候補の本のリストを簡単なあらすじと共にご紹介します。

英語の多読のための本リスト -電子書籍版

多読法という英語学習法に興味を持って始めようと思っても、どの本を読めばよいかわからないという方も少なくありません。ここでは、英語多読法が軌道に乗るまでどの本を読めばよいかを判断するための参考になるようなことをご紹介します。

英語能力を確実に向上させる学習方法 <英語多読法>

「英語学習がなかなか継続できない」そんな悩みを抱えている方へ、継続できて英語能力を確実に向上させることができる<英語多読法>のいろいろ(やり方・メリット・本の選び方・やる前に準備するもの)をご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <催促する時の表現 - リマインダーメール>

ビジネスシーンでは締切があることがほとんどです。自分の作業だけで完結することはあまりなくて、誰かに依頼したものが早めに欲しい時も多々あるでしょう。そんな時に相手に失礼に当たらないように催促する英語の表現をご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <情報を得る時の表現>

英語のビジネスメールを書くとき、相手に何かを伝えてもらうことが目的のことも多いです。「情報を制するものはビジネスを制す」とも言います。相手に失礼のないように聞きたいことをお願いする英文の書き方についてご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <何かを伝える時の表現>

英語のビジネスメールを書くとき、相手に何かを伝えることが目的のことも多いです。「何を伝えるか」によって使用する英語表現は変化します。文脈・場合に応じる適切な使い分けについてご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <ネットを参考に上手に英借文>

英語のビジネスメールを書くとき、他から英文表現を借りて自分なりの英文を書く手法の「英借文」が有効です。英文の借り先はネットで検索したウェブサイトの場合も多いでしょう。ネットを参考にして上手に英借文する方法をご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <本を参考に上手に英借文>

英語のビジネスメールを書くときには、他から英文表現を借りて自分なりの英文を書く手法の「英借文」が有効です。英文の借り先はネットl検索か「英文ビジネスEメール 実例・表現○○」のような本が多いでしょう。ここではその本の上手な使い方についてご紹介し…