英語ビジネスメールの書き方 <催促する時の表現 - リマインダーメール>

ビジネスシーンでは締切があることがほとんどです。自分の作業だけで完結することはあまりなくて、誰かに依頼したものが早めに欲しい時も多々あるでしょう。そんな時に相手に失礼に当たらないように催促する英語の表現をご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <情報を得る時の表現>

英語のビジネスメールを書くとき、相手に何かを伝えてもらうことが目的のことも多いです。「情報を制するものはビジネスを制す」とも言います。相手に失礼のないように聞きたいことをお願いする英文の書き方についてご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <何かを伝える時の表現>

英語のビジネスメールを書くとき、相手に何かを伝えることが目的のことも多いです。「何を伝えるか」によって使用する英語表現は変化します。文脈・場合に応じる適切な使い分けについてご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <ネットを参考に上手に英借文>

英語のビジネスメールを書くとき、他から英文表現を借りて自分なりの英文を書く手法の「英借文」が有効です。英文の借り先はネットで検索したウェブサイトの場合も多いでしょう。ネットを参考にして上手に英借文する方法をご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <本を参考に上手に英借文>

英語のビジネスメールを書くときには、他から英文表現を借りて自分なりの英文を書く手法の「英借文」が有効です。英文の借り先はネットl検索か「英文ビジネスEメール 実例・表現○○」のような本が多いでしょう。ここではその本の上手な使い方についてご紹介し…

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <期限を伝える表現>

英語のビジネスメールでは期限を明確にして何をしてほしいかを伝えることが重要です。失礼にならないようにかつ期限を明確に提示する、そんな英文をビジネスメールでは書きたいですよね。ここではビジネスメールでの期限設定の上手な書き方をご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <副詞の上手な使い方>

英語のビジネスメールではシンプルな文が重視されます。「主語」+「述語動詞」+「目的語」だけで成り立つ文が理想的ですが、シンプルな文だけでは相手に十全に意思が伝わらない場合もあります。そんな時に便利なのが副詞です。ここではビジネスメールでの…

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <感謝>

ビジネスシーンでは感謝を表すメールを出すことが少なくありません。お礼や感謝をちゃんと伝えることでビジネスもスムーズに行われるでしょう。ここでは様々なシーンごと (上司・部下・取引先など) に、お礼や感謝の表現する時によく使われるフレーズをご紹介…

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <依頼>

ビジネスメールの1/3ほどが、相手に何かを依頼する内容のメールになると思います。ここでは、英語のビジネスメールで何かを依頼する時、失礼に当たらないようなよく使われる英文フレーズをご紹介します。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <挨拶>

シンプルが良いと言われる英語のビジネスメールでも、最初に一言「挨拶」があった方がビジネスもスムーズになる場合が多いです。ここでは相手に好印象を与えられかつよく使われる「挨拶」のフレーズをご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <感情表現>

英語のビジネスメールであなたの感情表現をうまく書きたいことがあると思います。英語で感情表現をする時のフォーマットと、ビジネスメールにふさわしい感情表現の書き方についてご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <機械翻訳の上手な使い方>

機械翻訳は飛躍的な進歩を遂げています。特定の分野で十分な人間の手での補助があれば、ある程度有用なツールとなってきています。ここでは、英語のビジネスメールを書く時の機械翻訳の上手な使い方をご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <国名>

英語でビジネスメールを書いている人は、英語を共通語として使っていろいろな国の人とコミュニケーションと取っていると思います。地域別に国名・国籍名・公用語の英語表記をまとめました。

英語のビジネスメールでよく使うフレーズ <自己紹介>

はじめての相手にメールを書く時、簡単な自己紹介文を書くことが多いと思います。英語のビジネスメールで自己紹介 (会社の紹介を含む) をする際に使える英語表現をそのポイントと一緒に例文を交えてご紹介します。

英語ビジネスメールの書き方 <スペルチェック>

ビジネスをスムーズにするために、英語のビジネスメールはできるだけ正確に書きたいものです。正確な英語のメールを書くためのスペルチェックのやり方についてご紹介します。